モテるコツ

トップページ >女心をつかむデート必勝法> デートでスキンシップする方法!嫌がられないやり方は?

デートでスキンシップする方法!嫌がられないやり方は?

女の子と仲良くなるためにデートをします。しかし、ただ話をするだけでは、2人の仲は進展しません。何もしないでデートの回数を重ねていると、女の子が不安になったり、気持ちが冷めることもあります。

デートでスキンシップ

女の子と、より仲良くなるには、スキンシップが必要です。モテる男は、女の子に自然な感じでボディタッチをして、スキンシップを重ねていきます。そうやって、どんどん、距離を縮めていくわけです。

でも、慣れていない人はデートでスキンシップをすることが難しいと感じています。ボディタッチをしたら嫌われるのでは?と思って、デートでは何もしません。そのくせ、メールでは好意を連発するから、振られる可能性が高くなります。

そこで、デートでスキンシップする方法を段階的に紹介しますね。

まず、初デートで、やってはいけないボディタッチがあります。胸やお尻は当たり前として、太ももを触ったり、腰に手を回すのは止めた方が良いです。そういう場所に初デートでボディタッチしてしまうと、体が目当てだと思われるからです。

それでは、初デートに向いている方法は何なのか?女の子に慣れていない人でも出来る簡単なスキンシップがあります。

それが、「肘でツンツン」です。肘で女の子の腕を軽くツンツンする方法なら、まず、嫌がられません。一緒に歩いていて、何か話題になりそうなモノを見つけた時なんかに、肘で突付いて合図をするんです。

または、女の子の話に突っ込みを入れる時も肘で突付きやすいです。「この~」とか言いながら、肘でツンツンしましょう。

この方法なら、出来ますよね?友達レベルの関係でも気にしないで出来る方法ですからね。相当、男に慣れていない女の子でなければ嫌な顔をされないから、勇気を出して肘でツンツンしてください。

ただし、緊張しすぎて、腕に当てられずに肘を胸に当てないよう注意しましょう。そういうイタズラは、もっと仲良くなってからの方が効果的です。

肘でツンツンすることで、女の子とのスキンシップを重ねると、相手からもツンツンされるようになります。その時、楽しそうな表情をしていたら、手を握るチャンスです。何か理由をつけて、手を握ってしまいましょう。

例えば、歩いている時、車が近づいてきて危ないと感じたら手を引いてあげます。そのまま、手を握っていてください。

こんな感じで、少しずつボディタッチを増やして、スキンシップしましょう。重要なことは、スキンシップした時の表情です。必ず、女の子の表情を見て、楽しそうにしているのか、嫌がっているのかを観察してくださいね。

Page Top ▲

モテるコツで彼女をゲットしよう!