モテるコツ

トップページ >モテる男に変わる方法> 恋愛の主導権を女の子に握らせない方法!

恋愛の主導権を女の子に握らせない方法!

モテない男ほど、好きな女の子に振り回されています。付き合っている状態なら、2人の問題ですから、とやかく言うつもりはありません。けど、片思いの状態で、振り回されていれば、両思いになる可能性は低いです。

メールで好意

恋愛の主導権は、女の子ではなく、あなたが握ってください。ただし、女の子は簡単に落とされたらダメなことを知っています。だから、好きな男に対しても追いかけさせるように仕向けてくるのです。

そのためには、恋愛の主導権を握るべく対策が必要になってきます。

1.あなたから終わりにする

メールや電話をしている時に、どちらが先に終わりを決めるかってことです。電話で楽しく話している時に、女の子の方から、電話を切らせてはダメです。あなたの方から、電話を切るようにしてください。

これは、デートの時も同じです。一緒にいたい気持ちが強すぎると、付き合っていないのに、ダラダラと時間を過ごす人がいます。すると、女の子の方から「そろそろ、帰りたい」みたいなことを言われてしまうのです。

一緒にいたい気持ちをグッとこらえて、あなたの方から帰る言葉を切り出しましょう。女の子の方が「もうちょっと、電話していたい」とか「まだ、一緒にいたいなぁ」と思っている時に、あなたから終わりを切り出すと効果があります。

気持ち的には思いっきり楽しませてあげるのですが、時間的には、ちょっと物足りないくらいが良いです。そうすると、女の子は、あなたのことが気になります。

2.一緒にいる時だけ好意を見せる

典型的なモテない男がする行動は、いつでも女の子に好意を見せることです。だから、何回もメールを送ったり、メールで何度も「可愛い」とか褒めたりします。残酷な言い方になりますが、単なる自己満足ですし、逆効果です。

恋愛で主導権を握りたいと思うなら、一緒にいない時に、好意を見せたらダメです。それでは、女の子の方が相手を手に入れたと思って、恋心が生まれません。簡単に手に入るモノには魅力がないですからね。

モテる男は、一緒にいる時だけ好意を見せます。もちろん、何度も繰り返すのではなく、思わせぶりに好意を伝えるだけです。そして、一緒にいない時は、素っ気無いくらいにします。

すると、女の子は1人になった時に、考えるのです。会っている時は、好意があるような気がするけど、会っていない時は、気持ちを感じない。いったい、どっちなの?って、考えるわけです。

以上、2つ紹介しました。恋愛の主導権を女の子に握らせないためには、自分の心をコントロールすることが重要だと、わかりますよね?あなたの方が前のめり過ぎると、女の子に主導権を取られます。

好きな気持ちを大切にしながらも、行動は意識して押さえて、恋愛の主導権を握りましょう♪

Page Top ▲

モテるコツで彼女をゲットしよう!