モテるコツ

トップページ >モテる男に変わる方法> 女の子の好意のサインは勘違いしやすい?

女の子の好意のサインは勘違いしやすい?

モテない男は、ちょっとしたことで女の子から好意のサインをもらったと勘違いします。そして、自分のことが好きだと思って、アタックすると、あえなく撃沈です。鉄のハートを持っていない限り、何度もあれば立ち直れません。

笑顔の女性

その点、モテる男は、女の子から好意のサインをもらっているか、どうか、わかっています。あれは、誰にでもすることだから、普通だよって思っているのです。

それでは、どんなことが女の子の好意のサインと勘違いしやすいのか?を紹介しますね。

1.笑顔で接してくれる

女の子慣れしていないと、笑顔で接してくれるだけで、勘違いします。その子が好みのタイプであれば、なおさらです。

ところが、男と違って女の子は社交的な性格の子が多いので、笑顔で接するのは普通です。タイが微笑みの国と言われていますが、日本の女性も負けていません。男は年を取るほどに無愛想な人が増えますけどね。

また、男がカッコつけたがるように、女の子は可愛く見せたい人が多いです。笑顔で接していれば、可愛いと思ってもらえることを本能的に知っています。そのため、好意を持っていない人に対しても、笑顔でいるのです。

2.目が合った時に目線を外さない

女の子と目が合った時に目線を外さないと好意のサインと思う人がいます。これも、単なる勘違いのことが多いです。

目を見て話す女の子なら、目線を外しません。また、視力が悪くてもメガネやコンタクトをするのが面倒くさいと思っている子もいます。目線を外さないというよりも、ぼんやりとしか見えていないわけです。

目が何度も合うなら話は別ですが、目線を外さないだけでは好意のサインではありません。女の子が好意を持っているときは、チラチラと視線を送ってきます。でも、恥ずかしがりの女の子は好意があっても、目線を外します。

3.同じグラスで飲み物を飲む

女の子が飲んでいるカクテルを「美味しいの?」とか聞くと、「飲んでみる?」とグラスを渡してくれることがあります。口を付けた場所で飲まなくても、「これって、間接キス?」と考えたことありますよね?

ってことは、自分への好意のサインでは?と勘違いしても仕方がありません。でも、女の子は気にしていないことが多いです。あなたのことが生理的に嫌ではないってことくらいでしょうか・・・。

合コンのような初対面の場合なら、多少はあるかもしれません。その場合でも、男ほど同じグラスで飲むことに特別な意味を持っていないと考えましょう。

以上のようなことがあっても、舞い上がらず、冷静に判断してくださいね。

Page Top ▲

モテるコツで彼女をゲットしよう!