モテるコツ

トップページ >モテる男に変わる方法> ギャップのある男を演出する!その方法とは?

ギャップのある男を演出する!その方法とは?

女の子はギャップに弱いと言われています。知っているけど、自分には関係ないと思っていませんか?

女の子はギャップに弱い

実は、ギャップのある男を演出することは出来ます。モテる男は、意識して行うことで、女の子のハートをゲットしているのです。

まず、ギャップには2種類あります。マイナスギャップとプラスギャップです。あなたの想像通り、女の子ウケするのは、プラスギャップの方です。

マイナスギャップの典型的な例として車の運転があります。普段は大人しかったり、優しい奴が車に乗ると性格が変わったかのように乱暴な運転をする人がいます。私の友人でもいますが、初めて見たときは、かなり驚きました。

このように良いイメージが悪いイメージになるのがマイナスギャップです。見た目の印象が悪くなるわけですから、モテるわけがありませんよね。心当たりがある人は、今後は気をつけてください。

プラスギャップには、

  • 見るからに怖そうなのに、電車内で席をゆずる
  • 普段は存在感が無いのに、スポーツでは目立つ
  • 見た目は細身なのに、脱ぐと筋肉が付いている

などがあります。いつも感じているイメージよりも良いイメージがあると、女の子は胸がキュンキュンするのです。

恋愛ドラマで初めは男が女の子に嫌われて、あることをきっかけに好きになる話がありますよね。この展開と、まったく同じです。マイナスだったイメージが大きくプラスのイメージに変わると、恋のハリケーンになります。

じゃあ、どうやってギャップを演出するのか?

あなた自身のマイナスイメージを書き出してください。その中から、自分の努力で変えられそうなものを見つけましょう。

体が細く、弱々しい人は、筋トレをして肉体改造をします。体が変わると、自信が付くし、ギャップも出るから、一石二鳥です。

また、無口な人なら、音楽系はどうでしょうか?歌が上手かったり、楽器が演奏できたりすると、大きくイメージが変わります。普段、無口な人がカラオケ行った時に、メチャ歌が上手かったら、女の子はギャップを感じますよ。

他にも、普段、目立たない人なら、料理が出来る男になるのは、どうでしょうか?みんなでバーベキューをした時に、手際よく焼きそばを作ったりすると、あなたのイメージはアップします。

以上、常に何かアピールできることを作れないか、自分磨きをすることです。そうすれば、結果的にギャップのある男になれます!

Page Top ▲

モテるコツで彼女をゲットしよう!